大原櫻子Newシングル「さよなら」がまたもヤバイ!ヤバすぎる!

前作「マイ フェイバリット ジュエル」は自分的にいまいちしっくりこなくて,盛り上がれなかった。が,今回のシングルの充実ぶりは素晴らしい。

 

さよなら<通常盤>|DISCOGRAPHY|大原櫻子 公式サイト

 

M1 「さよなら」の印象は,まさに「昭和の歌謡曲」。若い子は新鮮味をもって受け止めるかもしれないが,アラフォー,アラフィフにとっては,紅白やザ・ベストテンの世界が舞い戻ってきたように感じられるのではないか。これを歌い切る歌唱力も素晴らしい。残念ながら,紅白の出場は叶わず,タイアップもないので,爆発的なヒットは望めない。しかし,プロモーションの外部,思わぬところからじわじわ人気が出る可能性のある曲だと思う。

 

M2「everyday」,M3「Paper Plane」は,いつものらこちゃんの力が順調に発揮できている。ライブで見せる力強さを思い出せる。

 

11月のZEPPツアーの様子がyoutubeにアップされているが,某5ちゃんねるでも語られているように,カービバルのときの「神パフォーマンス」に比べると若干調子が悪いように思える。忙しすぎるのだろう。舞台もやって,大学にも行ってという活躍ぶり,超人的である。卒業したら少しは落ち着いて活動できるだろう。

 

彼女はJPOPの「宝」と思う。大事に育ってほしい。