読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Erik Mongrain forward

Youtubeにある「ラップタッピング」奏法で話題になった人。

 

www.youtube.com

 

確かに,初めてこの動画を見たときは驚いた。驚いたのでアルバムを買ってみた。これまで3枚出しているようだ。

 

 デビュー作と2作目

Fates

Fates

 

 

 

イクイリブリアム(初回生産限定盤Blu-specCD)

イクイリブリアム(初回生産限定盤Blu-specCD)

 

 

確かに類稀なテクニック,独特のダークな雰囲気があるのだが,音は悪い(コーラスかかりまくりで音もぼやけている)し,アルバムを通しての展開もやや単調でストーリー性に欠ける。が,3枚目の 「Forward」で激変する。

 

 

Forward [Clean]

Forward [Clean]

 

 

ラップタッピングはない。派手なコーラスもかかっていない。あるのは,心の中を覗いていくような静けさと,ゲーム(RPG?)をクリアしていくように進む独特のテンポ。ギター1本でこれほどのことができるのかと驚嘆する。えらく感動して2年くらい聴きまくった。明らかに先の2枚とは別段階のステージに進んでいる。リスナー思い思いの情景が目の前に浮かぶようなコンポージングが素晴らしい。テクニックは確かだが,それは見せつけるためではなく,自分が実現したい世界を音楽で再現するためにある。テクニックは「従」,作品が「主」の主従関係と思える。そういうのって素敵。

 

とず〜っと思ってきたのだが,ネット上にはただAirTapの動画を賞賛する言説ばかりで,「Forward」についてはあまり書かれていない。なんで?みんなちゃんと聴いてるの?と思う。

 

とにかく,candyrat に 続々と上がってくるギタリストとは一線を画する存在だ。似たような作品を知らない。去年から新作出す出す,と言っときながらどんどん遅れていってるみたいなので,早く出してほしいと思う。